餅つきのプロが教えるノロウイルス食虫毒の予防法

ノロウイルス

年末年始の風物詩として日本全国各地で行われる餅つき大会。当店も餅つき屋として年間200本以上の出張餅つきをこなしています。老若男女問わず、どなたでも楽しめて、つきたての美味しいお餅を食べられる人気イベントですが、屋外での実施や手を使った調理工程が多いことから、ノロウイルスなどの食虫毒リスクも同時に孕んでいます。

そんなノロウイルス食虫毒を回避して、楽しい餅つき大会を行うためにノロウイルスの基本的な情報と原因を学び、予防法を考えていきましょう。

  1. ノロウイルスとは
  2. 餅つき大会でのノロウイルス発生事例
  3. 餅つき大会でのノロウイルス発生原因
  4. 餅つき大会でのノロウイルス予防法

ノロウイルスとは

ノロウイルスは乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者はみられます。少量のウイルスでも発症し、感染力のとても強いウイルスとして、集団生活の場で感染が広がりやすいといえます。

感染すると1~2日で発症し、吐き気、おう吐、下痢、腹痛などを引き起こします。発熱しますが、高熱になることはあまりありません。通常これらの症状が1~2日続いた後自然に回復しますが、抵抗力の弱い高齢者や子供の場合は入院が必要になるなど、重大なことにもなりかねません。

餅つき大会でのノロウイルス発生事例

    2012年1月 栃木県 少年野球チーム 餅つき大会

    栃木県内の宇都宮市内で行われた少年野球チームの餅つき大会にて発生。小学生とその保護者ら60名の参加者中少なくとも35名に食虫毒の症状がみられた。内10名の便を検査した結果、全員からノロウイルスが検出された。

    2013年12月 青森県 小学校 餅つき大会

    青森県の弘前市内で行われた小学校の餅つき大会にて発生。児童、教員、保護者ら40名に食虫毒の症状がみられた。同校は患者数の多い2クラスを4日間学級閉鎖した。

餅つき大会でのノロウイルス発生原因

なぜ餅つき大会で食虫毒が発生するのか?まずは原因を正しく理解することが重要です。

    集団で行われること

    餅つき大会は数百名規模の大人数で行う行事です。当店にご依頼いただく餅つき大会も100名以上がほとんど。中には500名を超える規模の大会もあります。規模が大きくなれば関わる人も自ずと増え、衛生管理が難しくなります。

    手で触れる機会が多いこと

    ついてる餅をひっくり返す作業や、つき上がった餅を切る作業など、餅つきには手で触れなければならない作業が多数発生します。また作業は分担され、複数の人で行われる為、餅にウイルスが付着する機会が増えてしまいます。

    道具の衛生管理が困難であること

    杵と臼が代表的な餅つき道具ですが、それらは大抵餅つき大会以外は倉庫にしまわれています。十分な殺菌・洗浄が行われないと菌が付着したまま、餅つきが行われることになります。

    生で食べること

    つかれた餅は大抵の場合、あんこやきな粉などのトッピングを付け、生で食べられます。餅に限らず食材を生で食べることは食虫毒の可能性を高めることになります。

餅つき大会でのノロウイルス予防法

原因がわかれば、後は対策です。適切な予防法を考えていきましょう。

    餅に触れる人を限定する

    事前に餅に触れる人を決めてしまいます。規模にもよりますが、200名程度の餅つきであれ5名程度で十分です。餅に触れる作業は大まかにもち米を蒸す作業、ついてる餅をひっくり返す作業、つき上がった餅をちぎる作業の3点です。杵で餅をつく作業は餅に触れることになりませんから含まれません。

    当店の経験上、これが最大の対策と言えます。餅に触れる人を限定するのが難しければ最低でも子供、また下痢や腹痛などの体調不良の方に触れされるのだけは規制するようにしましょう。

    衛生管理の徹底

    手洗いをこまめに行いましょう。作業前やトイレに行った後の手洗いは特に重要です。よく泡立てながら、ブラシなどでゴシゴシ擦れると効果的です。また杵と臼、水桶は直前に熱湯をかけ、殺菌処理します。臼は穴の中だけでなく淵の部分も。杵はつく面のみ熱湯に浸けておけば問題ありません。

    またテーブルはアルコール消毒液ではなく、次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用塩素系漂白剤にて消毒するのが有効です。家庭用塩素系漂白剤10mlに対して水2.5ℓを用い、0.02%の濃度まで薄めた上で使用してください。室内で餅つき大会を行う場合はドアノブや手すりなど、参加者が触れる可能性のある箇所まで消毒できると尚効果的です。

    お雑煮にして食べる

    ノロウイルスは85~90℃で90秒以上加熱することで死滅します。お雑煮やおしるこにして、加熱調理することでノロウイルスのリスクを軽減させることができるでしょう。

    ついた餅と食べる餅を分ける

    ついた餅とは別に衛生環境の整った屋内の調理場で餅つき機などを用い、食事用の餅を作ります。衛生環境に不安がある屋内や集団での調理に比べ、安全性は格段に高まるでしょう。ついた餅はのし餅にして参加者に振る舞うと喜ばれます。

最後に

ノロウイルス感染症はとても危険なウイルスです。当店も多数の餅つき大会をこなす中で”まさか自分の町内会の町内会でノロウイルスが発生するはずがない”とお考えであろうと思われるようなお客様も散見されます。ウイルスに対する危機意識をもち、適切な予防法を学ぶことで楽しく安全な餅つき大会を行えるようにしましょう。

「もっと詳しく知りたい!」や「実際にサポートして欲しい!」などの要望があれば、お気軽に下記よりご相談ください。

お問い合わせ

※WEBフォームではご質問・お見積依頼を24時間承っております。
※お電話からのお問い合わせは平日9時~19時まで(土日祝定休)承っております。

TEL:03-5856-0112

ページの先頭へ